環境にも人にも優しい切削技術です

環境に配慮しながらも重切削から微小な加工まで広い範囲の制御が出来る、水油噴霧冷却切削装置を実現しました。微量の植物油と少量の水ミストを混合し圧縮空気で切削物に吹き付ける事により、油膜の付いた小さな水の粒が切削物や刃先に当り水は瞬時に蒸発し気化熱により切削物、刃先、切粉の熱をとります。水滴の表面に付いた油は切削物や刃先に付着した潤滑効果を発揮します。冷却効果が高いため、仕上げ面、加工精度もよく、刃先の摩擦も少なく工具の寿命がのびます。また大量の空気を使用しなくても霧状の比較的大きな水の粒のため、水油の付着効果が高く潤滑油や圧縮空気の使用量が少なくてすみます。アクアミスターは高度な切削加工と低コストを兼ね揃えた次世代の加工技術です。

切削油を使用して加工していた直後 AquaMisterでの加工

AquaMister動画1
aquamister.wmv(7.34 MB)
AquaMister動画2
aquamister.mpg(24.7 MB)
静岡大学論文
aquamister.pdf(364 KB)

AquaMister油一水複合ミスト加工法

油一水複合ミスト供給法とは、潤滑性を確保するための切削油と冷却性を確保するための水を切削点にミスト状にして供給する方法である。連続切削である旋削では切削点の温度が高いため単に微量の切削油を供給するだけでは切削点の冷却には不十分である。しかし油一水複合ミスト供給法では水ミストを同時に供給するため潤滑とともに冷却を行う。水は比熱が大きく蒸発潜熱が大きいので(水を蒸発させるのに必要な熱量は非常に大きい)冷却剤としては最も優れた物質のひとつである。この油一水複合ミストを切削点に供給することで、水の気化熱等により切削点を十分冷却した上に切削油の潤滑効果が期待できる。さらにこの油一水複合ミストを切削点に高速の気流に乗せて供給するときの効果は大きいと考えられる。

油一水複合ミストシステム

油一水複合ミスト供給システム『AquaMister』  図−1 に示すように、コンプレッサーで圧縮された空気を利用して 油一水複合ミスト供給機の定量ポンプから押し出された油または水をミスト状にしてノズルを通じて切削点に供給する、油一水複合ミスト供給機で生成された油ミストは二重ノズルの中心部を水ミストは二重ノズルの外部を通って切削点に供給される。中心部を通って供給される油ミストは外部を通って供給される水ミストに覆われる形となり、油ミストは周囲に飛散しないという利点がある。またこの油一水複合ミスト供給機は、油を1m?/h 水を10m?/hの単位で供給量を調整することができるので冷却効果を高めたい場合には油一水複合ミスト中の水の割合を大きくし逆に潤滑効果を高めたい場合には油の割合を大きくすれば良い。また必要に応じて油一水複合ミスト供給装置で噴霧させる液体の種類を変えることもできる。このように加工条件に応じてその加工に最適なミストの条件を作り出すことができます。

仕 様

使用電源電圧AC100V 50/60HZ
使用電力60W(ヒューズ 2A)
電源コード3P 2.5m
外形寸法W160mm×H220nn×D350mm
本体重量7kg(トヨロン耐圧ホース)
8kg(SUSブレードホース)
使用空気圧力0.6Mps
吐出圧力1.5Mps
制御能力デジタル設定 LEDデジタル表示

空気
吐出能力0〜99cc/h0〜990cc/h0〜60L/min
最小可変単位1cc/h10cc/h20L/min(LED表示)
通常設定値10cc/h200cc/h
ノズル配管用ホース5m(トヨロン耐圧ホース)
空気配管用ホース5m(φ8ウレタンホース 接続ニップル1/4PT)
給油タンク3L(ポリタンク)
給水タンク3L(ポリタンク)
給油ホースm(テフロン)
給水ホース2m(テフロン)
制御用電圧入力コード2m(REMOTE-2 (装置自動運転入力用)
フットスイッチ2m(REMOTE-1 (フットスイッチによる運転)

オプション

自動給水装置  光電スイッチ レザースイッチ  (特殊ノズル SUSプレートホース)
植物性潤滑油     DOL-107         DON-03
防錆剤        HYDRIN	(水3000ccに対して0.1g溶解)
© Takashisa Kakoh Co., Ltd. All rights reserved.